しあわせを運ぶヒーロー

2021年4月19日。

 

 

 

愛おしくて愛おしくて仕方ない、西村拓哉くん18歳のお誕生日!!!!!おめでとう!!!!!㊗️

 

 

18歳…………彼が18歳ですって……………………

結婚できるね!(言うと思った)

 

 

 

18歳のお誕生日ブログ、何書こうかな〜と呑気に考えてたらまさかの1日前になっていたので、焦って走り書きしてる次第です。17歳の彼に貰った沢山の幸せをメモ程度に残しておこうと思います。安定の語彙力欠如ブログですよ…ご了承ください…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自粛期間中だった西村拓哉くんの17歳の幕開け。

 

ファンの皆さんがお家でたくさん読めるようにいっぱいメモってたくさん書いたから』と長文日誌を誕生日にあげてくれて、お家から私たちを癒し、楽しませてくれる高校2年生のアイドルに泣きそうになった思い出。

 

その日誌の終盤に教えてくれた、合計10つの17歳の目標のうちのいちばん最後の目標に、【ファンの皆さんを幸せにすること。】と掲げてくれた。この1年間で抱えきれないほどの幸せを貰っちゃったな、本当にありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

 

・単独主演ドラマ     年下彼氏「優等生の苦悩」

 

 

ひたすらに愛おしい白鳥くん。

優等生な高校生が、綺麗な新任の先生を振り向かせるために、悪(わる)を演じるけど、履き違え過ぎててちょ〜〜〜〜〜〜愛おしくてカワイイのよ、全てが初々しすぎて抱きしめた。
凄まじい惚れ癖も、ラブです。

 

現役高校生で制服を着て高校生役を演じたこと、宝がすぎるだろ…

 

 

 

 

 

 

 

 


・西村拓哉の全ての好き‼️が詰まってるヘアセットバトン。

 

 

24:47という動画の長さに驚いて一旦閉じたのも良き思ひ出。数日かけて、合計4パターンのヘアセットを見せてくれた流石のスーパーアイドル力には全人類が深々とお辞儀してた

 

個人的に鎖骨あたりをかく仕草と、バスタオルを肩から剥ぐ仕草と、白ロンTと、『伸びきっ↑ちゃ↑ってぇ』『100度超えたらぁ、あついやんかあ』の言い方が堪らんでしたね…

 

 

 

バスタオルで髪を拭く姿を見た時"同棲"という文字しか頭をよぎらなかった。[完]

 

 

 

 

 

 

 

 

 


・JohnnysDREAMIsland

 

まずは、オール関西ジャニーズで開催された、728の日。

 


1番印象に残ってるのは各グループの青色、ドリアイブルーの"Dye D? "  かな。

周りは大先輩だけ、同じステージの上で負けず劣らずパフォーマンスする姿、本当に凄く凄くかっこよかった。Dye D?を見た時このパフォーマンスをLuv Sickの姿と重ねてしまって、自然と涙を流すしか無かった。私が大好きで大好きで堪らないLuv Sick。Luv Sickについていつか想いを綴りたいと思っていたのでこのタイミングで失礼させて貰います…

 

私はこの5人のLuv Sickが披露された 2019あけおめの時まだ関ジュ担じゃ無かったから、完全に後付けの感想になってしまいますがお許しください…

 

私が初めてLuv Sickを見たのは情報局に上がっていたあけおめダイジェスト。初めは、メンツ強いな…かっこいいな…という感情以上は持たなかった気がする。でも、このLuv Sickが好きでどうしようもなくなったのは、【まいジャニ 向井康二】回の拓哉からじーこへ向けるメッセージを聞いた瞬間。

 

 

この前のあけおめで初めてバックじゃなくて横に並んで歌えたLuv Sick は本当に僕にとって忘れることのない曲になりました。たくさん緊張もしたんですけどお兄ちゃん達に負けないように頑張って良かったなって思います。

この言葉。

 

 

 

単純にかっこいいという感情だけで見てたパフォーマンスの裏に、こんな思いがあったなんて、知らなかったから。


素顔が届いてLuv Sickをはじめてフルで見た時の感情は一生忘れないだろうな、

 

強くて、かっこよくて、でもあのメッセージの事を思い出して涙が止まらなかった。面倒みがよくて沢山怒ってくれた、尊敬する先輩との最初で最後の横並びのステージ。当時はまだ中学生の彼が沢山の想いを抱きながら魅せるパフォーマンスにものすごく圧倒された。

 

寝巻き男子ではLuv Sickについて、『ほかの人たちとの差がスゴくて悔しくて情けなくて泣きかけてた、じつは裏でボロボロやった。でもこの曲を経験できたことは大きいって今でも思ってる』って言ってくれたこと、凄く嬉しかった。

 

 

 

今回のDye D?もLuv Sickと同じようなステージの雰囲気を勝手に感じてて。堂々と歌って、踊って、キメて。プレッシャーが無いわけないのに、食らいついてるようにも見えるけど 余裕があるようにも見えて、どこにいてもかっこいいんだな、輝けるんだな、大好きなアイドルだなって強く思った。

 


一発目がリルミラで記憶飛んじゃうぐらい嬉しかったのも、本家のWESTさんとの夢のようなプリンシパルコラボも、パッツンお坊ちゃまヘアも、心から楽しそうな表情をしてたのも、全部全部楽しくて素敵な思い出だなあ

 

 

 

 

 

 

 

 


関西ジャニーズJr公演

 

全体的な感想は 前にはてブに書いちゃったので、
ここではあのソロについて震えながら文字に残しておきます…

 


初のソロ曲、Do it again

美しくて、妖艶で、儚くて、西村拓哉・高校2年生(17)の底力を全身で感じた。


ソロ曲の上に、この選曲、正直屍になる道しか無かったです。


私はこのドリアイ公演の1公演目と3公演目を見させてもらったんですが、明らかにダンス魅せ方、パフォーマンス力が上がってるように感じて。公演の間に沢山見返して、沢山研究したんだろなと思うととても胸が熱くなった。

 

拓哉のダンスや魅せ方は昨日より今日、今日より明日、明日より明後日、とどんどん成長して上手くなっていってる。時の流れじゃなくて、努力で。そんな努力家な彼を応援できていることに幸せを感じたソロ曲でもあったな。

 


正直、こんなに冷静にどぅりらげんを分析出来るまでに今日までかかってますけどね!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・Lilかんさい初単独公演!!!!!(号泣)

横にいる4人の仲間と一緒に夢を叶えた瞬間。

Lilかんさいを応援してて良かったな、西村拓哉を囲む大好きな仲間がこの4人で良かったな、西村拓哉というアイドルを応援出来てることが幸せだなと何回も思わせてくれた。

 

とても楽しくて、幸せに満ち溢れていた公演だったこと、見させてもらったレポや雑誌、日誌などでこれでもかってぐらい伝わってきた。開催されたことが嬉しくて嬉しくて堪らなくて、本人たちはもっと嬉しいんだろうな、と思うと口角が上がりっぱなしだった。これも前のはてブに書いちゃったけど、拓哉は挨拶で『おじいちゃんになってもこの5人で笑っていたい』とか『ひとつの荷物を5人で分担して夢に向かって進んでいる感じがとても幸せ』と言ってくれたと知って。拓哉が愛してやまない4人と一緒に夢を叶えていく姿をこれからも見続けて行きたいな、Lilかんさいの、拓哉の夢を私達も一緒に追いかけて行きたいな と強く思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


・春松竹 ANOTHER

 

在り来りな言葉になってしまうけど、本っ当に本当に素敵だった。

 

拓哉が演じた"タクヤ"。家族を失い 親友も失ってしまうことで 辛く、複雑で、難しい感情を沢山持っていて。アイドルの"西村拓哉"とは内面も相当違う所がとても多かった気がする。例えば、アイドルでいる拓哉は悩み事があったら周りの誰かに相談すると言ってるけどタクヤはトアにしか自分の感情を出さない。タクヤが背中を向けていたりみんなの会話に入っていなかったりするシーンが多々あったんだけど、タクヤのことが心配で、見てる私も孤独を感じた。アイドルの拓哉はいつも笑顔で前向きでいてくれるから余計にだろうな。

 

最後は他の仲間とは違う選択、自分自身で島に残る決意をするタクヤはとても前向きでとてもかっこよかった。西村拓哉とは違う、タクヤのことも大好きになった。

 

個人的には焚き火を5人で囲って話し合ってるシーンが大好きで。ああ…この先もずっとこの5人で一緒にいて欲しいな…とふと感じた感覚が凄く幸せだった。家族のいないトアとタクヤにとって、表には出さない辛い感情を持っている場面だったけど、ほんの少しの希望について話す5人はとても温かい気持ちになれだだよなあ…
拓哉も"5人で話すシーンはほんとに楽しくて大好きなシーンでした✌️"と日誌で教えてくれてとても嬉しかったな。

 

 

他にも、見た瞬間衝撃すぎて電流が走ったレクイエムのソロダンス、劇中歌やSHOWTIMEで他のみんなとアイコンタクトをして楽しそうに歌う姿、ラフィエスタのアミーゴとアミーゴの後に目が眩んだこと、少し声が低くなってるように感じたリルミラ、旅人で5人の姿が見えた時の感動、全部全部、ずっと宝箱に閉まっておきたいな。

 

挨拶では、『僕は世界一幸せなアイドルなんじゃないかな』『心の太陽、心のお医者さんで有り続けたい』『みんなとの思い出で僕のアルバムをいっぱいにしてください』など(本当はもっっといっぱいある) 素敵すぎる言葉を沢山伝えてくれた。

好きすぎてどうしよう、と とても困った。

 

幸せで包まれてる期間だった。

 

 

どうか追加公演も無事に駆け抜けられますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ここまで書いた以外にも17歳の彼は

 

 

 

運動神経が良く、足が速いことを活かして全国区である炎の体育会TVに出演したり、

 

 

関西ウォーカーで初表紙をダブルピースで飾ったり、

 

 

Lilかんさいレギュラー番組『ミライヤー』を務めることになって、愛おしすぎるピュアさや笑顔、頭の弱さを沢山見れたり、

 


大阪メロディーに関西Jrで出演して『やっぱうちの子カメラアピール天才だな…』となったり

 


ドリパビ、あけおめコンでたくさんの人を笑顔にしたり。振り返ってみると、17歳の彼には助けられることが多すぎたな。

 

 

本当に本当にありがとう。

 

 

たくさんの笑顔を、癒しを、幸せをありがとう。

 

 

これからも優しいもの、楽しいものに包まれて

世界一幸せでありますように🌸

 

 

 

 

f:id:yunodesuyo:20210418235136j:image